転職時に有利になるとされている専門医資格

腎臓専門医、透析専門医の両資格は転職時に有利になるとされている専門医資格です。

例えば腎臓内科医としての勤務を検討しているのであれば、腎臓専門医、透析専門医、総合内科専門医などの認定資格を持っていると転職する際に有利になるといわれています。

ですので、もし転科を検討されているのなら、まずはいずれかの資格取得を行うのがベストかもしれません。

いずれの資格も、それぞれ受験資格、必要な経歴、スキルが違うので、これまでの経験、そしてこれからのキャリアプランを検討したうえで、どのような資格の取得が望ましいのかを検討するのがいいかもしれませんね。


「透析管理ができる医師」を求める動きは大きい

予断ですが、近年では腎不全患者が増加傾向にあるといわれており、透析にかかる肩が毎年1万人程度増えているそうです。

そのような状況ですから、医師のニーズ自体も増加しているといえるでしょう。

最近の求人傾向としては、腎臓内科では透析管理ができることを「前提」にしていることが多いようです。

ただ、その施設によって求められるものが大きく違う傾向がありますので、事前に確認しておく必要があるのではないでしょうか。

ただ、いずれにせよ「透析管理ができる医師」を求める動きは大きくなっていますので、転職を有利にするために透析専門の資格を取得することはプラスに働く可能性が高いといえるでしょう。