「神経内科医」のイメージ

「神経内科医」といえば脳、脊髄、神経や筋肉といった部位の病気を主に見る科目ですが、実態としては様々な症状を幅広く扱う総合診療科といったイメージをもたれている方もいらっしゃるかもしれません。

転職に関する求人情報を見ていると多くの求人が出されていることがわかりますが、高齢化社会を現実になってきた今、非常にニーズの高まる分野といわれています。

そんな神経内科における代表的な資格が「神経内科専門医」です。


試験対策さえ行えば合格は難しくない

医師免許を有しており、臨床研修期間が6年以上、また、日本神経学会における会員暦が3年以上。

そして認定内科医であれば受験をすることが可能となります。

試験自体は一次審査として書類審査、二次審査として口頭試問が行われます。

面接によって診療実技、神経学に関する知識について試問されます。

合格率は80-90%と非常に高くなっていますので、試験対策さえ行えば合格は難しくないでしょう。


条件交渉の際にも武器にもなる

神経内科医自体が人材不足といわれているので、転職に関する窓口は広い状況です。

選考のポイントといわれているのが専門医の有無、そして経験ですので、専門医を取得しておけば、非常に有利に進めることができるでしょう。

また、条件交渉の際にも武器となりますので、お勧めの資格といえます。