医師転職を検討しているみなさんへ

転職を検討している医師のみなさんは、日頃転職活動を有利に進めるために一体どのような努力をされているのでしょうか。

医師転職の専門サイトを入念にチェックする、転職先求人情報を集める、自身のスキルを高めるなど様々な方法がありますが、今回ご紹介する内容は医師の方が転職を目指すにあたり、とても意味のあるものになると思います。


「内科専門医」の資格取得について

さて、今回みなさまにご紹介していきたいのは「内科専門医」の資格取得についてです。

これに関しては、実際のところ転職に有利になる、ならないという双方の意見があるのも事実です。

しかし、実際にはどうなのでしょうか。結論から言ってしまえば、専門医の資格を取得することによって「選択の幅が広がる」のは事実ではないでしょうか。

転職に有利になると表現するよりは、就業できる職種の幅が広がると考えた方がしっくりくるかもしれません。


どの専門医資格を取得して転職するか

そして、就職できる職場の幅が広がるということは、確率的にみた場合「転職成功率が上がる」と言い換えることもできると思います。

認定医になるためには、様々な分野における経験などが必要となってきます。

また、どの専門医資格を取得するのか、それによって必要な経験などが変わってくるのです。

そこで、次以降では代表として6つの専門医資格の取得について、どのような条件となるのかをまとめてみました。

よりより場所に勤務するために、ぜひとも参考にしていただければと思います。